住宅ローンにおける夫婦間トラブル

住宅ローンでのトラブルは意外に多く発生します。
金額が高い為よく信用問題に発展します。
特に家を購入する夫婦間での問題はよくあります。

まず挙げられる問題としては、共同購入した場合の名義が挙げられます。
住宅は、何千万ものとても高価な買い物です。
その為共同購入する場合がありますが、その時の名義をどちらか一方にしてしまうと、二人でお金を出し合って購入したという事実がなくなり、片方が名義人へお金を贈与したと判断されます。
そうすると贈与税が発生してしまいます。
そうならない為にも、名義は共同名義にすべきです。
また持分割合もきちんとした方がよいです。
共同名義の場合ローンを分担できますし、それぞれが
住宅ローン控除を受ける事ができます。
しかし、共同名義にすると、離婚した際のローン返済での問題や売却時には共同名義全員の承認を得る必要性が出てきます。
共同購入に関しては、メリットとデメリットを理解していた方がよいです。

またローンの審査においてもトラブルがあります。
審査は年収が安定していれば通りやすいと思われがちですが、それ以外の点でも審査をしています。
それは、過去の借り入れです。
借金がある人は、審査に通りません。
もし審査に落ちてしまった場合、まず借金を疑ってください。
夫婦間での認識で借金がないと思っていても、実際には消費者金融からこっそりお金を借りている場合があります。

愛し合う二人が結婚をします。
しかし、愛は永遠ではありません。
住宅は一生に何度も購入することは普通ありません。
購入する場合は、今一度夫婦間についても見直して考えたほうがよいです。