違法なオーバーローン

住宅購入の際には、オーバーローンを組もうとする方がいます。
しかし、これは厳密に言うと詐欺にあたります。

オーバーローンとは、預金額を超える金額を金融機関が貸出をしている状態です。
住宅ローンにおいてのオーバーローンは、住宅ローンの貸し出し金額が住宅の価値金額を上回った状態をさします。
具体的な数字を出しますと、住宅と土地の金額が合わせて3000万円の物件に対して、3500万円の借り入れをローンで組む事になります。
なぜこのような事が可能になるかについては、金融機関からお金を借りる際に契約書を偽造するから可能となります。
この例であれば、住宅と土地の金額が3500万円の価値があるという内容に書き換えています。
その為、詐欺にあたります。

しかし現状としては、このような方法が行われています。
住宅を売買する不動産屋が消費者へ売る為に巧妙な話術で話を進めます。
多めに借りて他のローンを一括返済してまとめて支払うことが可能といったり、引越し資金の為に現金が必要でしょともちかけてきます。
消費者はただのローン返済としか考えていない為、ひっかかってしまうことがあります。

オーバーローンは大抵融資の前にバレてしまいます。
逆にいうと融資がされるとバレてしまう可能性は低くなります。
しかし、ばれると、最悪逮捕される可能性があり、また借入額の一括返済を求められ、売却しても返済できない為自己破産してしまうことになります。
購入時には普通に考えておかしいと思う部分があれば必ず調べてください。
今ではインターネットでなんでも調べることができるからです。