クレジットカードとローンカードの違い

クレジットカードによるキャッシングとローンカードは、基本的に同じような使い方になりますが、カードとしては大きく違いがある部分があります。

 

それはクレジットカードの場合、現金がなくとも買い物ができるということです。
キャッシングしなくても買い物が出来るという点は、カードローンにはないメリットです。
なぜクレジットカードは買い物ができるかというと、VISAやJCBといった会社と提携しているからです。
逆に言えば、ローンカードは現金の借り入れをする為だけのカードになります。
お金を借りたくない人にとっては、決まった金額の借り入れが出来るカードローンの方がよいかもしれません。クレジットカードではショッピングが出来る為、きちんと自己管理ができていないと請求書の明細で驚いてしまう結果になるからです。

 

金銭感覚の自己管理が出来る人にとっては、買い物もキャッシングもできるクレジットカードの方がよいでしょう。
しかし、利用限度額も差があります。クレジットカードのキャッシングは、多くとも50万から100万程度までです。
しかもショッピングとの合算金額が限度額となります。一方のカードローンは200万から500万程度まで借り入れる事ができます。

 

クレジットカードもカードローンも金銭感覚を間違えずに、きちんと管理することができるのであれば、生活に役立つことは間違いありません。
しかし、基本的にどちらも借金と同じであり、いつか支払いをしなければいけないお金です。
使い方を間違えないようにしてください。