カードローンについて

カードローンとは、金融機関が発行するカードを利用するローンのことであり、ATM等で引き出すことができます。
カードは、普通預金口座のキャッシューカードを利用する場合と専用カードが用意される場合があります。
専用カードが用意される場合は、預金口座を開設していなくとも使用することができます。

カードローンのメリットは、金利が他の消費者金融より安いという部分があげられます。
また金融機関によっては、口座が残高不足になった際、自動でカードローンの使用限度額内で自動で建て替える機能がある場合もあります。

カードローンのデメリットとしては、ローン全般で言える内容ですが、変動型金利制の場合に金利が上昇する可能性が考えられます。
また使途が生活費等の様々なことに使用できるため、使いすぎに陥る事が見受けられます。
一度お金を借りても罪悪感を感じる事が少ない為、多重債務になりかねません。
私の友人が、銀行にお金がなくともATMから現金が出てくる魔法のカードだと言っていましたが、まさにその通りでまるでお金があるような錯覚に陥ります。利用する場合は、使いすぎに注意をしましょう。

ここまでの話を聞くと、キャッシングと同じと感じるかもしれません。
現状ではクレジットカードによるキャッシングとあまり違いはありませんが、以前はキャッシング=一括返済するものという意味合いがありました。
これは、現在でもクレジット会社によって存在しています。
しかし今ではキャッシングをしてもリボ払い支払いで対応できる事が多い為、借り入れという概念からは意味合いは変わらないと思ってもらってよいでしょう。