教育ローンについて

教育ローンとは、入学金や学費等の教育関係経費への使徒として限定をしているローンのことである。
子供がいる保護者が利用するケースが多い。学生本人が利用する場合は、奨学金が挙げられます。
今では、教育に限らない消費者金融が融資する学生ローンもあります。

子供一人を小学生から大学まで通わせるとなると多額の学費が発生します。
私立の学校となれば、入学金で数百万を支払うケースもあります。その為、お金がないけどどうしてもその学校に行かせたいというような要望がある場合に使用されています。
将来に繋がる医学部や私立大学院は学費が高い分、利用されるケースが目立ちます。

申込方法は、安定した収入がある保護者が行う方法が一般的です。
手続きには保護者の本人確認書類や収入証明、子供との関係が分かる住民票等が必要になります。
基本的に無担保ですが、金額によっては自宅等を担保にするというような有担保型も存在しています。

融資先の選び方は、金利と返済期間でしょうか。
教育ローンは住宅ローンよりは短いのですが、10年以上というような長期となっている場合が少なくありません。
住宅ローン同様、固定金利型と変動金利型があり、余裕を持って決めるべきです。
また親子でローンの返済を引き継げる親子リレーの有無や繰り上げ返済の可否の確認しておいた方がよいです。
将来留学も考えているのであれば、その使途も許されるのか確認しておくべきです。
留学の場合は、留学期間も関係してきます。いずれにしても、事前に調べてから審査を依頼すべきと考えています。