住宅ローンの融資の種類について

住宅ローンには固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型の三種類があります。それぞれメリットとデメリットがあり、経済の流れを考えて決める事が大事です。

固定金利型については、返済までの期間を同じ金利で支払いし続ける事になる為、人生設計を立てやすく、低金利の時に借りる事ができれば低金利のメリットの恩恵を受けられます。時代の流れで金利が高くなるようであれば、お得になります。
しかし、逆に言うと高い金利の時に借りると、全返済金額がその高金利の状態で確定してしまいます。いつ何が起こるか分からない現在の経済状態から考えると、ハイリスクハイリターンではないかと思います。

逆に時代の変動に合わせた融資は、変動金利型になります。こちらは借入時の金利が固定金利型より低いことが多く、金利が低下していけば返済額が減少するという部分にメリットがあります。デメリットとしては、返済金額が不確定であり、金利上昇した場合に返済額が増加することです。未来の不確定事項に関する部分の為、固定金利型に比べると将来設計が立てづらくなります。時代の流れに臨機応変に対応できる方には良い融資の方法だと思います。

もう一つの固定金利期間選択型は一定期間の返済額だけ決める事ができますが、その後の期間終了後の返済額が未定の為若干不安が残ります。しかし、固定金利型と変動金利型の中間の方法の為、一番安全かつ後悔しない方法ではないかと考えられます。


こちらのやりくり方法も実用的でおすすめですよ。

FXセミナーを受講するならカネツ証券へ
カネツ証券では全国各地で定期的に基礎からFXセミナーを開催しています。

FX、為替取引や外貨取引などは聞いたことはないですか?
株とは違い少ない資金から投資ができるので初心者の方でも始めやすい投資商材になっています。