ローンの種類

個人がお金を借りるローンにはいくつか種類があります。代表的なものとしては、住宅ローンやマイカーローン(自動車ローン)、教育ローン、ビジネスローン、カードローンが挙げられます。

 

住宅ローンやマイカーローンはその名前通り住宅購入資金や車購入時の資金としてローンを組むことです。住宅ローンには公的融資と民間融資が
あります。公的融資は色々な制限がある為、一般的ではありません。
民間融資は条件が少なく、審査は通りやすいのですが、様々な種類がある為、選ぶ事が大変です。マイカーローンは、ローンとクレジットがあります。
ローンの場合は自動車の所有者は融資を受けた人になりますが、クレジットの場合はローンの支払いが完了するまでその信販会社の所有となります。

 

教育ローンは、子供の教育資金を必要とする家族の為貸付けになります。
国民生活金融公庫と民間金融機関からの融資があり、こちらも民間の方が審査が通りやすい状況が現状です。ビジネスローンは個人事業主や法人が事業資金の為に借り入れる事です。銀行系は金利が低い上に金額が多く審査が難しく、ノンバンク系は金利は高いが金額は低く、審査は易しいものになっています。

 

カードローンは、銀行系のキャッシングローンとクレジットのカードローン、消費者金融のローンがあります。このカードローンは普段の生活費で気軽に使えてしまう部分がある為、注意が必要です。決して自分のお金ではなく、借りているという意識がもち、返済計画を立てましょう。


カードローンの上手な使い方

カードローンは、借金ですので使わないで済むならそれに越したことはありません。
そもそも貯金がある方は使う必要がない金融サービスです。

 

しかし今の世の中、収入が減っており、貯金もない方が増えています。
そんな時に突発な出費に耐えられる方法はカードローンになると思います。
カードローンは借りなければ、当たり前ですが金利が発生することはありません。
だから1枚はもっていても損はありません。

 

消費者金融によっては、数日感から約1ヶ月ほどは無利息での借り入れを許しているところもあります。
どうしても現金が必要となった場合、使わない手はないでしょう。
もちろん収入と見比べる事が必要です。
返却計画の立てられない借り入れは、無謀としか言い様がありません。

 

例えば何か欲しいモノが期間限定で売り出しているとします。
ここでクレジットカードしかない人は、ショッピングすることができますが、これを続けるとショッピング中毒になりかねません。
しかし、カードローンであれば一度現金を手にする為、現実的に考えることができます。
お金を取り出してそのお店にいき、支払う前であればそのままやめることもできます。
その場合は利息もなしにそのまま返済できるのです。
この部分は、クレジットカードより利便性がよいと感じています。
もちろん使いすぎはクレジットカードもカードローンも身の破滅に繋がるだけです。
お金を使う前も後も冷静に考えて、返済計画についてよく考えてもらいたいです。


クレジットカードの選択基準

大人になったら1枚は持っておきたいのがクレジットカード。現金を持ち合わせていないときなど、いざというときに大変便利。クレジットカードを扱っている会社は多くありますから、カード選びは慎重に行いたいもの。自分に合ったカードを選ぶなら様々なクレジットカードをランキングで比較してから申込みしましょう。多くあるなかで私自身がカードを選ぶ際のポイントとしているのは、なんといっても年会費が無料であることです。誰でも有料より無料の方が良いと思います。カードの年会費を毎年支払う必要がないのは、カード選びのおすすめポイントの1つです。

次にカード選びの基準としている点は、ポイント制度です。どのカード会社もポイント制度を導入しています。ショッピングやキャッシングをした際に、その利用金額に見あったポイントを獲得することができるというものです。獲得したポイントは、各カード会社が用意している商品と交換することができたり、提携しているお店で商品券と同じような形で利用することができます。

そこでおすすめする点としては、特定のお店で買い物をした場合、ポイントが2倍になるなどの制度があるものです。

通常であれば決められたポイントしか獲得できないところが、とあるお店でそのカードを使用すればポイントが2倍になるというのは、買い物をするのにも付加価値を求めることができますし、ポイントも貯まりやすくなります。また、ポイントに有効期限がないものを選ぶと、なお良いです。貯めたものが気づかないうちになくなってしまうのは、もったいないですからね。